AMOMAたんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)を飲んで口コミしてます

MENU

AMOMAたんぽぽコーヒーとは

 

 

世界で最初にたんぽぽコーヒーを飲みだしたのはポーランドだと言われています。

 

当時、コーヒーはとても高級な貴族の飲み物でした。庶民でも気軽にコーヒーを味わいたいという願いから生まれたのがたんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)だったのです。

 

その後、ヨーロッパでは、美味しくて健康にも良いたんぽぽコーヒーが長年にわたって愛されています。

 

たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)は、ノンカフェインなので、妊婦さんや母乳育児中のお母さんたちを中心に人気が高まっています。

 

AMOMAのたんぽぽコーヒーは無農薬栽培のたんぽぽを使用し、日本国内で焙煎しているので安全・安心です。

 

無香料、無着色なので、赤ちゃんへの影響を心配せずに飲むことができます。

 

たんぽぽ茶で身体を温めることは母乳の出を良くすることに貢献すると言われるので、母乳の出があまりよくない、乳腺炎が気になるかたは飲んでみる価値があるかもしれません。

 

もちろん、ママたちだけでなく、体に良いので小さなお子さんにも安心してオススメできます。

 

商品詳細

項目 内容
商品名 たんぽぽコーヒー
販売元 AMOMA
原料 たんぽぽ根100%
原産国
製造・加工 四国・福岡
価格(税別) 1,295円
内容量 30袋
コスパ 1袋あたり43.2円
特徴 無農薬栽培、無香料・無着色
送料 250円
その他特典 定期お届け便あり

 

「−」は記載なし。

 

AMOMAたんぽぽコーヒーを飲んでみた感想と評価

 

それぞれの項目ごとにレビューしていきます!

 

AMOMAたんぽぽコーヒーの味と飲みやすさ

 

AMOMAたんぽぽコーヒーは飲みやすい味です。たんぽぽ茶としてはコーヒー感をだそうとしっかり焙煎した製法が感じられますね。

 

コーヒー感、香り、苦味ともちょうどよく飲み続けられる味です。ミルクや砂糖を入れて甘くして味の変化を楽しんでもよいと思います!

 

私が飲んだときには甘みはほとんど感じませんでしたけど、パッケージにはコーヒーほど苦くはなく、少し甘いと書いてありました。

 

 

作り方


三角形のティーバッグを大きめマグカップかポットに入れて熱湯を注ぎます。

 

お湯は200〜400ccを目安としてください。2杯は飲めますけどティーバッグを入れておくと味が濃くなるのでお好みで引き上げましょう。

 

あくまで主観です!他と同じタイミングでの飲み比べをしてるわけではないので
コーヒー感  たんぽぽ茶のわりにはコーヒー感が出てます
濃さ  濃さはちょうど良く、お好みにあわせて濃くもできます
香り  香りはするほうですね
苦味  苦味も平均的な感じです

 

 

ホットでもアイスでもいけちゃいます


ポットで暑いたんぽぽコーヒーを作ってから冷蔵庫で冷やすと良いでしょう。

 

あとから氷を入れてアイスコーヒーにしても美味しいです。アイスで飲む時はシロップを入れて甘くしてもよいかなー

 

 

AMOMAたんぽぽコーヒーの保存しやすさ

 

パウチでジップロックの封ができるので保存はしやすいです。湿気らないので長く保存もできちゃいます。

 

 

AMOMAたんぽぽコーヒーの価格・コスパ

 

AMOMAたんぽぽコーヒーは税別で1,295円となっています。30個入っているので1個あたり43.2円となります。平均的なコスパだと思います。

 

ただ1袋で2杯飲めることを考えるとかなりコスパの良い商品です!

 

【定期便】というものがありまして、毎月1袋定期的に購入することを条件に安くなる、という注文の仕方です。

 

毎月1袋の定期便ですと税別1,203円となり、さらに送料が0円になります。単品購入ですと送料250円がかかるのでさらにお得ですね。

 

 

総合的なAMOMAたんぽぽコーヒーのレビュー

 

たんぽぽコーヒーの商品の中ではわりとコーヒー感が強めの味ですので、コーヒーが好きな方はぜひ飲んでみてください。