まず皆さんにお伝えするべきことは母乳育児でも、ミルク育児でも、混合育児でも間違いはないということです。それぞれの環境や体調に合った方法を選びましょう。

今回は母乳がよく出て、ご自身でも母乳育児でやっていこうという方向けのお話になります。

まず、母乳はうまく出るようになってきたでしょうか? 噴射するくらい出過ぎてしまったり、右と左で出る量が違ったり、はじめは大変ですね。

母乳は、赤ちゃんに吸われて刺激を受けることで生成されていきます。ですから、左右で出る量のバランスが悪ければ最初に吸わせるのは出にくいほうの胸からにしましょう。そうすることで出にくいほうは刺激を受けて母乳を生成しはじめます。また吸われないほうは生成を抑えていくようになります。私自身、保育園に子どもを預けて日中母乳をあげなくなってから程なくして母乳が出にくくなり、意図せず卒乳となってしまいました。

はじめのうちは赤ちゃんが左右の胸でどれくらいの母乳を飲んでいるのか分かりにくいと思いますが、赤ちゃんの飲みっぷりや吸わせる前と後での胸の張り方などをチェックして確認していくといいと思います。

またたくさん出すぎてしまうという方は、母乳が噴射するほど出ている間はガーゼ等で胸を押さえ、赤ちゃんには吸わせないようにします。噴射する時には、赤ちゃんに吸われているうちにキューッと乳首が硬くなるような感覚があります。人によって感じ方が違うかもしれませんので、いつもと違う感覚があったらいったん赤ちゃんの口から乳首を外してみてください。そうしないと噴射する母乳は勢いがよすぎて赤ちゃんがむせてしまったり、大量の母乳を飲みすぎて吐き戻しの原因になったりします。

また、咥えている乳首を赤ちゃんの口から外したい時はそのまま引っ張ると乳首を傷めてしまうので、人差し指を赤ちゃんのなかに挟み込み、うまく空気を入れて外してあげてください。これは赤ちゃんが母乳を吸うと、乳首に吸盤が張り付いているような状態になるからです。空気を入れてあげることで外しやすくなります。まだ歯がないので痛くありません。

手探りのことも多いですが少しずつ慣れていきましょう。

初めてで母乳がうまく出ていない気がする場合はたんぽぽ茶を取り入れてみるとリラックス出来て良いかもしれません。