小川生薬 国産たんぽぽブレンド茶とは

 

 

全国有数の生薬生産県である徳島県で、1925年に創業を始めたのが小川生薬です。日本の生薬伝統製法と知識を守っている実直な会社なのです。

 

そんな小川生薬が製造・販売しているのが、国産たんぽぽブレンド茶です。たんぽぽ茶といえば、ノンカフェインでコーヒーに似た風味がするとあって、妊娠中や授乳中のママたちに人気ですが、原材料に中国産のたんぽぽを使用していることもしばしばみられます。

 

そこで、安全な国産にこだわりたいという声に応えてできたのが、国産たんぽぽブレンド茶です。原材料はすべて、92年間生薬を見続けた確かな目で選んだ国産植物なので、ママたちはもちろん、小さなお子さんにも安心して飲んでいただけます。

 

国産たんぽぽブレンド茶は、たんぽぽの根、有機玄米、有機ごぼう、有機黒大豆を原料としており、さっぱりとした後口と香ばしい香りが特徴的です。

 

テトラ型ティーバッグなので、いつでもどこでも手軽に飲めます。製造元直売なので、コストパフォーマンスが高いのもうれしいところです。

 

商品詳細

 

項目 内容
商品名 たんぽぽブレンド茶
販売元 小川生薬
原料 たんぽぽ根、有機玄米、有機ごぼう、有機黒豆
原産地 日本
価格(税別) 1,000円
内容量 12袋
コスパ 1袋あたり83円
特徴 着色料、保存料、香料使用せず
送料 DM便なら無料、それ以外は宅急便650円、離島は1000円
送料無料の条件 5,000円(税抜)以上のお買上げ
その他特典

 

「−」は記載なし。

 

小川生薬たんぽぽブレンド茶を飲んでみた感想と評価

 

 

それぞれの項目ごとにレビューしていきます!

 

小川生薬たんぽぽブレンド茶の味と飲みやすさ

 

すごく香りがいいです。パッケージを開封しただけでたんぽぽ茶葉の香りがします。それはもちろんお湯を注いでお茶にしても。たんぽぽ茶にしては深みのある香りですね。

 

味は玄米茶が近いかなーと思ったら当然で原料に有機玄米、有機ごぼう、有機黒豆がブレンドされています。

 

どこかで味わった味だなーと思ったら、醤油感のない「おせんべい」のような味だと思えば想像しやすいかと思います(笑)

 

最初に甘みがあってあとからほろ苦い感じです、苦味はほとんどなくお茶感がします。

 

 

作り方

 

三角のティーバッグ(テトラバッグ)1つをティーカップに入れてお湯140ccを注ぐだけです。

 

正規の作り方にはありませんけど、アイスで飲みたい場合はティーバッグ5つぐらいをヤカンで煮出して、冷蔵庫で冷やせばよいと思います。

 

あくまで主観です!他と同じタイミングでの飲み比べをしてるわけではないので
飲みやすさ
私はたんぽぽ茶の中ではブレンド茶なので美味しい感じに仕上がっていると思います。焙煎した感じ(焦げっぽさ?)が苦手じゃなければ飲みやすいですよ。
濃さ  濃さもちょうどいいです
香り  たんぽぽ茶にしてはいい香りしますよ
苦味  苦味はあまりないですね

 

 

温かい飲み方専用です


冷たくしても飲めますけど、ふつうはホットティーで飲むスタイルですね♪

 

 

小川生薬たんぽぽブレンド茶の保存しやすさ


外装がジップになっているので保存は効きやすいですよ。

 

 

小川生薬 国産たんぽぽブレンド茶の価格・コスパ

 

12袋入りが1,000円(税別)で、30袋入りが1,500円(税別)となっています。

 

12袋入りのほうはDM便での配送なので送料無料、30袋入りのほうは宅急便になるので別途送料がかかっちゃいます。

 

12袋入りで1000円なので1袋あたり83円、これは送料を見なければたんぽぽ茶のなかではコスパは悪いほうです。

 

試しに12袋入りを買ってみて、美味しくて続けられそうと思ったら大量購入で送料無料にして買えばよいのかなーと思います!

 

 

総合的な小川生薬 国産たんぽぽブレンド茶のレビュー

個人的にはさすが小川生薬さんといった感じです。なかなか飲みにくい、続けにくいたんぽぽ茶をここまで美味しくしちゃいました!

 

たんぽぽ茶100%ではなく、玄米やごぼうも入っているブレンドなのでお茶感は断然します。