ローズマダムたんぽぽ珈琲を飲んで口コミ

MENU

ローズマダムのたんぽぽ珈琲とは

 

妊娠するとコーヒーを控えるように言われます。でも、コーヒー好きの女性にとっては、1年近くもコーヒーを控えるなんてストレスになってしまいます。

 

そこで、妊娠中や授乳中の女性に朗報です。たんぽぽコーヒーなら、ノンカフェインなので赤ちゃんへの影響を気にせずに飲むことができます。

 

気になるのが味と香りですが、「ローズマダム」のたんぽぽ珈琲の原材料はたんぽぽの根100%。たんぽぽの根を乾燥させて焙煎させ、コーヒーにかぎりなく近い風味と味を出しています。しかも、たんぽぽは母乳の出を良くすると言われています。

 

「ローズマダム」のたんぽぽ珈琲は、ティーバッグタイプなので、気軽にコーヒーブレイクを楽しめます。国内製造なので安全です。ビタミン、鉄分やカルシウムなどのミネラルを含んでいるので、健康のことを考えてコーヒーからたんぽぽコーヒーへ切り替えてみるのもいいですね。妊娠中や授乳中のママたちはもちろんですが、胃腸の弱い方やカフェインが苦手な方にもおすすめです。

 

商品詳細

項目 内容
商品名 たんぽぽ珈琲
販売元 ローズマダム
原料 たんぽぽ根100%
原産地
製造国 日本(鳥取県)
価格(税別) 1,800円
内容量 2g×30袋
コスパ 1袋60円
送料 一律550円(税込)、沖縄・離島は900円
送料無料の条件 5,000円(税抜)以上のお買上げ
その他特典

 

ローズマダムたんぽぽ珈琲を飲んでみた感想と評価

 

それぞれの項目ごとにレビューしていきます!

 

ローズマダムたんぽぽ珈琲の味と飲みやすさ


コーヒー感はやや浅めで苦味はかなり少ないので飲みやすいと思います。ただし本物のコーヒーを期待してるかたにはコク、苦味、酸味はさすがに無いかなーと思います。

 

香りは珈琲の風味はあります!たんぽぽ珈琲としては標準的な濃さかなと思います。

 

テトラバッグ(三角形のティーバッグ)で1パックで2回分使えますので、濃さを調整できます。濃い目が好きな方は3分ぐらい蒸らしておくと良いと思います。

 

テトラバッグなので中がふっくらしてて茶葉が広がるので香りも良いしよく抽出されるんでしょうね。

 

ミルクや砂糖を入れて甘めにして飲むのもオススメです。

 

あくまで主観です!他と同じタイミングでの飲み比べをしてるわけではないので
コーヒー感 
苦味  苦味はあまりなく飲みやすいです
香り  香り立ちます

 

 

 

温かいのも冷たいのもOK

 

ローズマダムのたんぽぽ珈琲はティーカップに入れてお湯を注いでつくります。ティーポットでもおしゃれに飲めちゃいますね。

 

ティーポットはそのまま冷蔵庫に入れても、陶器から耐熱のガラスポットへ移して冷蔵庫にいれて冷やせます。また氷の入ったグラスに注いでアイスコーヒーにしてもOKです。

 

1パックでティーカップ2回分使えます。夏はアイスコーヒー感覚で飲みたいので、鍋にパック3つを入れていっきに1リットル分作って冷蔵庫で冷やしています。

 

 

 

ローズマダムたんぽぽ珈琲の保存しやすさ


ローズマダムたんぽぽ珈琲はアルミの袋に個装で入っているので湿気らないのがグッドです!1袋に1パック入っています。

 

 

ローズマダムたんぽぽ珈琲の価格・コスパ

 

価格1,800円(税別)となっています。1箱あたり30包なので1包60円になります。

 

コスパとしては他のたんぽぽ茶と比べて平均より高めな印象です。さらに送料も他社より若干かかっちゃっています。

 

でも1包で2回抽出しようと思えば(味は薄くなるけど)、1回あたり30円のコスパでこれは安いです!

 

総合的なローズマダムたんぽぽ珈琲のレビュー


ローズマダムのたんぽぽ珈琲はネットでも買えますし、西松屋や赤ちゃん本舗にも販売されているのでお求めしやすいと思います。

 

妊娠前〜授乳期のカフェインレスな飲み物として手始めにここからスタートしてもよいのではないでしょうか。

 

値段はちょっと高めですが安心して飲める一品です。