たんぽぽ茶を自分で作る方法をレポート

 

ここではたんぽぽ茶を自分で作る方法を実際に体験してレポートしていきたいと思います。

 

たんぽぽの栽培から行う予定です。

 

まずは自宅の裏山からたんぽぽの種を採集してきます。そして日当たりが良い土地に種を冬(年明け)頃に植えます。 春になればたんぽぽが一面に咲くはずなのでそれを楽しみ、枯れたら種を採集します。

 

たんぽぽ茶の元になる根っこは秋になったら収穫していきます。根っこをよく洗って乾燥させて焙煎させて、というところまで実践する予定です。

 

裏山

 

見頃のたんぽぽ

 

収穫したたんぽぽの種

 

 

たんぽぽの根と葉を使ってお茶を作る方法を事前に調べた

健康にも美容にも良いたんぽぽ茶を、自分で作ることはできるのでしょうか?実際に栽培するまえに調べた内容を記しておきます。

 

たんぽぽ根を使ったたんぽぽ茶

 

たんぽぽ茶を作る前に、まずは原材料となるタンポポを採取します。たんぽぽ茶はタンポポの根から作られます。

 

日本に自生しているタンポポは、西洋タンポポと日本タンポポの二種類あり、どちらも材料として使うことができます。

 

タンポポの根は、土中深くまで真っ直ぐに伸びているので、掘り出すのは大変です。園芸用の小さめなスコップなどを使って掘り出しましょう。

 

根はよく洗います。きれいに土を落としたら、2〜3cmの長さにカットして、ザルなどにのせて天日に干します。水分が完全に抜けるように、ときどき向きを変えてください。

 

2週間くらい干すと完全に乾燥します。乾燥した根を厚手の鍋かフライパンに入れて、弱火にかけてじっくりと煎りましょう。

 

あとは、スプーン1、2杯分の根と水を小鍋に入れて、漢方のお茶をいれる要領で、弱火でコトコト煮たてます。5〜10分弱火で煮たら、濾し器で濾して出来上がりです。

 

たんぽぽ葉を使ったたんぽぽ茶

 

タンポポの葉もお茶にすることができます。葉を使ったたんぽぽ茶の作り方は、葉だけを摘み取ってよく洗います。ザルにあげて、完全に乾燥するまで2週間くらい干します。

 

カラカラになったら、ミルなどを使って砕きます。ティースプーン1杯をティーポットに入れ、200〜250ccの沸騰したお湯を注ぎます。2〜3分たったら注いで飲みましょう。すぐに飲まない分は、密閉ビンなどに入れて保存しましょう。お好みでミルクや砂糖を加えてもいいでしょう。