ほんのり香ばしく苦味と甘みがあるナチュラルハーブティーの健康茶、それが「たんぽぽ茶」です。

 

妊娠を望む方、妊婦さん、授乳中であってもカフェインレスで安心です。私は2人目が産まれてから母乳の出が1人目ほど出ないな〜と思って助産師さんのススメもあって始めました。

 

 

ここでは通販や店舗で買えるたんぽぽ茶21商品を実際に飲んで口コミレビューをしています!

 

 

全私が選ぶ、たんぽぽ茶のおすすめ10商品とレビュー!

 

私が実際に飲んでみた、たんぽぽ茶(コーヒー含む)は21商品になりました。

 

そんな中から味が美味しく、始めやすく、飲み続けやすい商品をご紹介しちゃいます!

 

味だけでなく栄養面、価格や特典、安全性など様々な角度から評価をしてお伝えしていきます。

 

 

ティーライフ たんぽぽ茶清らかブレンド

 

たんぽぽ茶をこれから、という方に始めやすい10日分が入ったお試しセットが730円(税込)、送料無料でスタートできます。

 

お茶で有名な静岡の会社「ティーライフ」が独自のブレンド(黒豆、大豆、発酵ギンネム)でたんぽぽ茶を美味しく焙煎して仕上げています。もちろんノンカフェインです。

 

臭み、苦味、クセが無く黒豆の風味です。飲みやすくゴクゴク飲んじゃいます。ホットでも、氷を入れてアイスでも美味しいです。

 

30日間返品・返金保証が付いており、飲みかけでも大丈夫です。

 

たまごクラブ、ひよこクラブにも掲載され、多くのママさんに愛用されている商品なので、これからたんぽぽ茶を始めようかなと思っている方にオススメです!

 

お試し10日用730円か、 1ヶ月分セット(マグボトル付き)2,370円はお得です!1包で2杯分飲めるのでコスパもかなり良いと思います。

 

栄養成分は大豆イソフラボン・サポニン、母乳育児に欠かせないカルシウム・鉄まで摂取できます。

詳細な口コミレビューはこちら

 

 

ティーライフ 有機ルイボスたんぽぽ茶

 

こちらも「ティーライフ」が提供するたんぽぽ茶で、有機ルイボスティーが配合されているものです。

 

ルイボスティーといえば紅茶のような味わいと香りがします。ほうじ茶や麦茶ライクではなく紅茶のような感じが近いと思います。

 

ホット&アイスでも、またミルクや砂糖を入れて甘めにしても美味しく頂けますよ。

 

有機JAS認定の天然無農薬、合成添加物・防腐剤無使用、ノンカフェインです。妊娠中、授乳中のママにも人気です。

 

お試しセットはなく、30包入って1800円(税別)、送料は300円かかります。こちらは口や体調に合わない時の返品・返金保証は付いていません。

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

小川生薬 国産たんぽぽブレンド茶

 

大正14年創業という伝統の漢方薬会社です。

 

たんぽぽ茶で使われているたんぽぽ根は多くが海外からの輸入モノですが、小川生薬のは国産100%なのが特徴です。

 

有機玄米、有機ごぼう、有機黒豆がブレンドされているので香りと味は玄米茶に近く非常に飲みやすかったです。勿論ノンカフェイン。

 

基本はホットで飲む感じで冷やして飲むのは紹介されていませんでした。

 

12包入りで税別1,000円、DM便につき送料無料でした。1杯のコスパは83円なのでたんぽぽ茶の中では価格は高い印象ですけど

 

国産という点を重視するなら飲みたい一品ですね!

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

森下薬農園 たんぽぽ茶

森下薬農園のたんぽぽ茶ですが、何が嬉しいってオマケがいっぱい付いてるのがうれしいですね。たんぽぽ茶の他に「ほそ美茶」「なたまめ茶」などが入っていました。

 

値段は30杯分入って2,200円(+送料)と高く見えるんですけど、オマケが10包ほど入っているので損した気分にはなりません。

 

この会社は鳥取県にある会社でお茶の製造メーカーで昭和22年からいろんな健康茶を販売している業者さんです。

 

たんぽぽ根100%で作られたたんぽぽ茶の味ですが濃いめの焙煎でコーヒー風のほうが近い感じなので苦味ありが好きな方にオススメの一品といえます!ノンカフェインなので制限してる方におすすめ。

 

お茶は輸入品ですが250種の残留農薬検査を行う徹底ぶりは安全性も信頼できるでしょう!

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

農家直売どっとこむ 健滋の国産たんぽぽ茶

 

長野県の農家さんが栽培した国産のたんぽぽ根(乾燥)100%で作られたたんぽぽ茶です。

 

20包で2,546円(送料無料)なのでコスパ的にはあまり良くないのですが国産という安心感で飲みたいなら問題ない価格かと思います。

 

味と見た目は薄い紅茶のような色合いで、ほうじ茶?玄米茶?のような味がします。苦味がないので非常に飲みやすいですね。香りも良いです。

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

小川生薬 たんぽぽ茶コーヒー風味

先ほども紹介した小川生薬ももう1つの商品です。

 

たんぽぽ根100%使用、こちらはコーヒー風味ということで味はお茶なんですけど、香ばしく焙煎していてかなり香りが強いです。

 

ポーランド産のたんぽぽ根を使って製造しています。35袋入ってて1800円ですが1袋で2回抽出できるのでかなりコスパ抜群です。

 

鍋やヤカンで煮出して冷ませばアイスティー風にして飲むことも出来ます。

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

ローズマダム たんぽぽ子育て茶

 

マタニティウェアのほうで有名かと思いますがローズマダムのたんぽぽ子育茶も西松屋・赤ちゃん本舗で見かけて買って飲んでみました。

 

WEBですと楽天に公式販売ページがあるので、そちらでも買えます。飲みやすさとコスパの良さが特徴です。

 

自社工場ではなくメーカーは別にあると思いますが、味わいは黒豆、ハトムギが配合されています。どこかで飲んだことのあるような味でノンカフェインなので続けやすいと思いますよ。

 

40包入って1,200円(税別)、送料500円が別途かかっちゃいます。

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

ティーライフ どくだみたんぽぽ茶

ティーライフはいくつかのたんぽぽ茶シリーズを販売していますが、こちらは「どくだみ」が配合されているものです。

 

かなり生薬感がありますけど飲みやすくブレンドされていますよ。どくだみでデトックスを感じたい方にオススメの1品ですね。

 

30包で1,592円とコスパはよいです。私が飲んだ感じですとちょっと味気ない気がしますね。

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

 

ユニマットリケン たんぽぽ茶 葉酸プラス

 

栄養補助食品や健康食で有名なユニマットリケンからのたんぽぽ茶です。

 

ウェブだけでなく西松屋や赤ちゃん本舗でも見かけるのでママの間でもよく知られている商品かもしれませんね。

 

味としてはかなり甘い感じに仕上がっています。たんぽぽ茶は普通は甘さを加減する際には砂糖を入れたりしますけど、この商品は最初からかなり甘めですね。

 

その理由は「乳糖」や「オリゴ糖」などが入ってるからだと思います。

 

「葉酸プラス」という名称がついているとおり、「葉酸」が添加されているのが大きな特徴です。

 

妊活中〜妊娠中のママに大事な栄養素「葉酸」が配合されているのも嬉しいポイントですね。(葉酸サプリを飲んでる方は飲み過ぎは気をつけて

 

1瓶で150gが入って1,650円(税別)です。送料無料。1杯あたり3gをお湯で溶かして飲みますが、それだと味が薄いので5〜6gは入れたほうが良いと思います。

 

詳細な口コミレビューはこちら

 

たんぽぽ茶 ショウキT-1

こちらのたんぽぽ茶は有名な「ショウキT1」という商品です。

 

他のたんぽぽ茶が「根」を砕いて焙煎して製造しているのに対して、ショウキT1は違います。ショウキT1はタンポポの「葉」を使って作られたお茶なのです。

 

お試し9包入って3,600円とかなりお値段はしますが、特徴として不妊治療の専門医がすすめている商品という事が挙げられます。女性だけでなく男性にもオススメとか。

 

私が飲んだところ、かなり味はうすくて美味しくはありません(苦笑)

 

私のようにカフェインレスだからストレス解消、水分補給のために飲もう、という方はゴクゴク飲めるたんぽぽ茶の方を選んだほうが良いかと思います。

 

現在サイト停止中の様子

詳細な口コミレビューはこちら

たんぽぽ茶ママの自己紹介と、このサイトについて

 

たんぽぽ茶Mamは赤ちゃんがいる母親です

 

1人目を産んだ10年前は知らなかった「たんぽぽ茶」、最近話題になって助産師さんからも勧められたりするみたいですね。

 

1人目の時はじっとしてても母乳が出て完母で育てる事ができたのですが、2人目はさすがに年齢も年齢ですし、入院してるときからほとんど出ず悩んでいました。

 

また乳腺にしこりが出て(乳腺炎)気になっていた時期でストレスもありました。

 

たんぽぽ茶は「母乳の出がよくなるようにたんぽぽ茶を飲みたい!」という訳ではなくて、カフェインレスの飲み物を探してたら自然と見つけただけなんです。(; ・`ω・´)

 

でも母乳には良いみたいなので毎日飲んじゃっています。

 

たんぽぽ茶Mamでは実際に飲んだ「たんぽぽ茶」のみを紹介

 

たんぽぽ茶Mamでは実際に私が飲んだたんぽぽ茶のみをご紹介しています。

 

新しいたんぽぽ茶が販売されるたびに購入して追加していくので、徐々にその数が増え20商品を超えてしまいました!

 

これからもWEBで見かけたり、ベビーSHOPで見かけたら購入して飲んで評価していく予定です!

 

たんぽぽ茶の本音の口コミを恐れず公開

 

妊活中の方も、妊産婦さんにも役に立つサイトでありたいと思っております!たんぽぽ茶の商品レビュー数ではNo1を目指しています^^

 

たんぽぽ茶を飲んだ味わいや風味、その商品の特徴などを本気で口コミしています。

 

またたんぽぽ茶を飲んで本当に母乳がよく出るようになったのか、期待はしていませんが、その効果も測っているので公開します。

 

 

たんぽぽ茶が母乳に良いってホント?私の口コミ

 

産婦人科の助産師さんが授乳指導をしてくれたときに、「ママが食べるもの、飲むものが母乳に影響することがある」とおっしゃってました。

 

ウソかホントかわかりませんが、授乳期にカフェイン入りのドリンクを飲んだら赤ちゃんが夜寝なくなったとか、お酒を飲んだら赤ちゃんがハイテンションになった‥といった噂話もされていました。

 

私の場合、2人目ということもあって母乳があまり出ないので積極的にたんぽぽ茶を飲んでいます。

 

けど、たんぽぽ茶を飲む前と、後で母乳の出がよくなった?と聞かれても、「特に変わっていない」と答えるでしょうね。母乳の出に効果はないと思います。(個人の感想です)

 

そもそも母乳が出てるかを測る方法が無いので、おっぱいの他に1日に何ccのミルクを飲んだかを日記に書いています。

 

たんぽぽ茶を始める前は1日2〜3回のミルク、飲み始めて1ヶ月ぐらい経ちますけどやはり1日2〜3回のミルクを与えています。平均するとあまり変わってない印象なんです。

 

これからも飲み続けるので変化があれば報告したいと思います!以上、たんぽぽ茶Mamの口コミでした。

 

生後1ヶ月目からのミルク量を記録したグラフ

3ヶ月めの半ばからたんぽぽ茶をスタートしています。6ヶ月目から完全に母乳のみになっていますので、現時点での報告です。

 

けど、たんぽぽ茶をスタートする以前からミルク量が減ってるので、たんぽぽ茶が良かったのかは未だ不明ですね。

 

1才になっても母乳が出ています

 

離乳食も始めていますが赤ちゃんが母乳が好きなので、朝・昼・晩のご飯の他におやつを2回と、母乳が1日3回ぐらいしています。産まれたばかりのときはあんなに出なかった母乳がいまだに出ていることに驚きつつ、はやくおっぱい離れしてくれないかなと思っています。

 

ちなみに生理が最近やっときました。

 

それからたんぽぽ茶ですが既に飲んでおりません。普通にお茶、カフェラテ、リポビタンDなどカフェインを含む飲料も飲んでいます。なのでたんぽぽ茶は飲みはじめて1年後ぐらいで辞めてしまいました。やっぱり味がついたものを飲みたくなるものです。。

 

でも最近子供の気性が荒いというか、癇癪をよく起こすようになったのはカフェイン摂取してるせいもあるのだろうか‥なんて思ったり。

 

 

 

たんぽぽ茶はいつから飲むのが正解か

たんぽぽ茶はいつから飲んでもOKです。ノンカフェイン飲料を飲みたいと思ったときがタイミングだと思います。

 

例えば妊活中や妊娠中、出産後の授乳期など、いつから飲むのでも構いません。カフェインが入ってないので母体や胎児への悪影響なく水分補給ができるので早ければ早いほど良いと思います。

 

ちなみに私は妊活中〜妊娠中はあまり意識せず、なるべくデカフェな生活を意識していたぐらいで、出産後にたんぽぽ茶を飲み始めました。

 

たんぽぽ茶に副作用は無い

たんぽぽ茶ですがたんぽぽ根や葉から作られている健康茶ですが、「副作用」の心配は殆ど無いと言ってよいでしょう。飲みすぎておしっこが頻繁に出るぐらいでしょうか(笑)

 

たんぽぽ茶の栄養成分として食物繊維・ビタミン・鉄・カリウム・カルシウムが含まれています。過剰摂取はよくありませんが、日常生活でちょっと飲みすぎた(1日5杯とか)ぐらいでは、何も副作用を感じていません。

たんぽぽ茶の効果・効能って?

 

たんぽぽ茶には「たんぽぽ根」が含まれています。また商品によっては「黒豆」や「玄米」などが含まれているブレンド茶もあります。

 

たんぽぽ茶には様々な効果があると言われていますのでそれを整理しつつ、私の体感をお話したいと思います。中には「そんな効果ないんじゃないの?」と思うものもありますので、期待されてる方は私の体感程度ですがチェックしてみてください。

 

 

たんぽぽ茶が母乳に効果がある、というのは?

 

→母乳育児のための水分・栄養補給としての効果です。

 

母乳を出すためにカルシウムが骨から溶けてしまうと言われています。妊娠中に不足しがちになる鉄、これも大切です。

 

たんぽぽ茶では不足しがちな「カルシウム」や「鉄」といった栄養補給をすることができます。この他、「ビタミンB2」「ビタミンC」や「食物繊維」も摂取できるんです。

 

同じカフェインレスの「麦茶」では摂れない栄養素を水分補給しながら摂ることが出来ちゃいます。

 

 

冷え性のかたにも

 

たんぽぽ茶はホットで飲むほうがオススメです。体を温めることで冷え性にもよいですし、めぐりもよくなるので血行もよくなって母乳の出がよくなると考えられています。

 

黒豆配合のたんぽぽ茶なら、イソフラボンが摂れてホルモンバランスにも良いですし、美容やお肌にも良いと思いますよ。

 

私の場合はゴクゴク飲んで利尿作用でむくみも減ってきたような気がします! (個人の感想です)

 

 

カフェインレスによるストレス解消

 

カフェインが入っている飲み物って結構多いですよね。普通に緑茶やコーヒーやコーラなどに含まれていて、これは母乳育児にはあまり良くないという認識です。

 

そうすると妊産婦さんもカフェインを避けるような生活になるので飲み物が制限されてしまいます。そんなストレスフルなときに飲めるお茶、ということでカフェインレスなたんぽぽ茶は絶好のティータイムになります。

 

たんぽぽ茶は濃い目に作るとコーヒー風味な商品もありますから、気分転換にもちょうどよいです。育児ストレスから開放されるひとときです。

 

私にとってたんぽぽ茶の効果は、カフェインを気にせずゴクゴク飲めるという点がけっこう重要でした。

 

 

たんぽぽ茶で妊娠・不妊に効果ある?

 

言われている効果を記述します。

 

たんぽぽの根や葉には、女性ホルモンのバランスを整えるのに役立つ成分が含まれています。ですから、妊娠しやすい体を作るのに役立つというわけです。さらに、たんぽぽは血糖値を安定させるので、排卵がスムーズになるうえ、受精や着床の機能も改善するのに効果があると言われています。

 

 

不妊に悩む女性や、妊活中の女性には、体質改善から始めるように勧める医師が少なくありません。たんぽぽの持つ効能には、血流を良くして冷え性を改善する、利尿作用によってむくみを改善する、便秘や生理不順を改善するといったものがあります。ですから、普段からたんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーを飲むことで、ゆっくりと妊娠しやすい体を作っていくことができるでしょう。

 

このようにたんぽぽ茶が何故か妊娠に効果がある、妊娠を望むならたんぽぽ茶、みたいな話ってよく聞きますしネットの記事を見てますと医師推薦みたいな表記を見かけるんですけど、私は疑心暗鬼かな〜と思います。

 

私が30代後半で妊娠した時はたんぽぽ茶飲んでなかったし(^_^;)

 

 

 

たんぽぽ茶でダイエットの効果は無い

 

たんぽぽ茶にダイエット効果があると言われる理由は

 

たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは、イヌリンという水溶性食物繊維を含んでいます。水溶性食物繊維は、水分を腸内で吸収してゲル状になり、便を柔らかくして慢性的な便秘を解消する作用があると言われています。さらに、イヌリンは、腸内で分解されオリゴ糖の仲間に変換され、善玉菌のエサとなって、腸内の細菌バランスを整えます。便秘が解消されることで、おなかぽっこりの改善にもつながり、さらに腸内環境が良くなることで、痩せやすい体質へと変化することが期待できます。

 

たんぽぽには、イソクエルシトリンやカリウムといった利尿作用がある成分が含まれています。そのため、体内にため込んだ余分な水分の排出に働きかけることで、むくみをとり、すっきりとしたボディラインに導きます。水分をためこみやすい方はダイエットにたんぽぽ茶を取り入れると良いとされています。

 

これは無いと思います。お茶なのでカロリーゼロで太ることは当然ないですけど脂肪燃焼みたいなのは私の体感では感じませんでした。

 

美味しいからダイエットの空腹時に飲んじゃいたくなるぐらいでしょうか。痩せたいけどね‥残念。

 

 

たんぽぽ茶で便秘を解消できる効果とは?

 

たんぽぽ茶での便秘解消の効果については以下のように言われていますが

 

たんぽぽ茶には、イヌリンと呼ばれる水溶性食物繊維の一種が含まれています。水溶性食物繊維は、水に溶けやすい食物繊維です。お腹の中でゲル状になり、便を柔らかくしてスムーズに排便されるように助けます。

 

また、イヌリンは腸内に入ると分解されてフラグオリゴ糖になります。オリゴ糖はビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサとなります。つまり、イヌリンの働きによって、腸内の善玉菌を増やして悪玉菌を減らし、腸内細菌群(腸内フローラ)を整え、便秘を解消することが期待できるのです。実際にイヌリンを使った実験をしたところ、排便の回数や量が増えたという結果が報告されています。イヌリンは、便秘解消に効果があるといわれるゴボウ茶にも含まれている成分です。

 

実際私はたんぽぽ茶を飲んでる間も便秘でした。

 

 

 

 

たんぽぽ茶にむくみを改善する効果あるの?

 

たんぽぽ茶とむくみに関しては以下のようなことが言われています。

 

たかがむくみと思うかもしれませんが、あなどってはいけません。むくみはさまざまな体の不調の原因になります。お隣の国、中国や台湾では漢方として愛用されているたんぽぽの根には、イソクエルシトリンというフラボノイド系ポリフェノールの一種が含まれています。イソクエルシトリンの効果の一つは利尿作用です。水分代謝を活発にするため、腎機能の働きが強まります。余分な水分が排出され、むくみが解消されやすくなるのです。

 

 

さらに、たんぽぽ茶にはカリウムも豊富に含まれています。カリウムも利尿作用のある成分です。余分な塩分と水分を尿として排出する働きがあります。水分といっしょに老廃物も排出されるのでデトックス効果が期待できます。

 

 

たしかにたんぽぽ茶を飲んで利尿作用があるなと思います。それでちょっと足がすっきりしたような感じもありますね。

 

 

 

たんぽぽ茶で生理痛の緩和の効果とは?

 

 

たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは、おもにたんぽぽの根を焙煎して作られます。たんぽぽは生薬の一種で、体に良い成分がたくさん入っています。たんぽぽ茶「ショウキT-1」にのみ含まれるT-1エキスという成分には、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。生理痛が重くなる原因の一つは、女性ホルモンの乱れです。ストレス、睡眠不足などで脳下垂体の作用が鈍ってしまい、ホルモンの分泌が滞ってしまうのですが、T-1エキスは、脳下垂体に直接働きかけることで、ホルモンの分泌をサポートしてくれるとされています。

 

 

さらに、たんぽぽの根には、血流を改善する効果があると言われます。生理痛の原因となる冷え性を改善して、体のめぐりを良くしてくれます。その結果、生理痛の緩和を期待できるそうです。

 

 

これは私自身は妊娠後にたんぽぽ茶を飲み始めたので生理痛が緩和したかどうかは実体験としてわかりません。m(__)m

 

 

 

たんぽぽ茶が更年期障害の緩和になるって?

 

更年期障害は女性なら誰しもが経験することです。閉経が近くなると女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れます。そして、のぼせ、頭痛、多汗、不眠、耳鳴り、めまい、イライラなどの症状が引き起こされます。

 

たんぽぽは古来から女性特有の悩みに効果があるとされ、漢方薬として使われていました。たんぽぽ茶「ショウキT-1」に含まれるT-1エキスには、女性ホルモンのエストロゲンが分泌されるよう働きかける作用があると言われています。T-1エキスは脳下垂体に直接働きかけることで、更年期前に減少していく女性ホルモンが滞りなく分泌されるようになります。ホルモンバランスの乱れが改善に向かうことで、更年期障害のつらい症状が緩和されていくとされています。

 

 

 

こちらの件も身近にその年代の知り合いがいないためたんぽぽ茶を飲んでもらうことはできませんでしたので、体感はお知らせできなくて残念です。

 

 

 

たんぽぽ茶で乳腺炎を予防できる効果とは?

 

おっぱいがカチカチになって痛くなり、高熱が出る乳腺炎。授乳中のママたちの約3割が乳腺炎を経験すると言われています。乳腺炎がひどくなると、切開手術が必要になるので、予防が大切です。

 

そこで出てくるのがたんぽぽ茶とされています。

 

たんぽぽの根に含まれる成分タラキサシンには、血中のコレステロールや脂肪を減らし、血行を促進する作用があります。つまり、タラキサシンには血行を良くして血液をサラサラにする作用があるので、血液から生成される母乳もサラサラになり、つまるのを防ぐことができます。

 

 

もう一つ、タラキサシンには肝臓の働きを良くする作用もあります。それによって、女性ホルモンが過剰に分泌されるのを避け、母乳量が適切に保たれます。このように、母乳の質と量に働きかける作用があるので、乳腺炎を予防できるでしょう。たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは、ノンカフェインなので授乳中でも安心して飲めます。

 

実際私は授乳初期から後期まで乳腺炎になったことはありませんでした。けどたんぽぽ茶を飲む前の1人目の子供のときから乳腺炎は経験しておらず、これもたんぽぽ茶のおかげかはわかりません。

 

 

たんぽぽ茶が発毛・育毛を促す効果があるってほんと?

 

発毛育毛に関しては以下のような成分と効果があるようですが、それを飲んだことで効果を確認したという機関は無いようですね。

 

たんぽぽ茶には、驚くような美容、健康効果があると言われています。たんぽぽは、昔から漢方の一種としてさまざまな病気の治療に使われていました。たんぽぽの根は、漢方では「蒲公英根(ホコウエイコン)と呼ばれています。漢方のホコウエイコンエキスには、発毛・育毛効果があるとされています。

 

 

さらに、ホコウエイコンエキスには、チコリ酸という成分が含まれています。チコリ酸はHGF(肝細胞増殖因子)を増やすことが、最近分かってきました。HGFは、育毛・発毛に大きく影響していると考えられています。(たんぽぽの根には、産後の抜け毛や加齢による薄毛を改善する効果があることが分かっていますが、たんぽぽ茶を飲んで発毛・育毛が促進されるかどうかといったデータはまだありません)

 

 

たんぽぽ茶で胃もたれ・食欲不振を改善できる?

 

たんぽぽ茶で以下のようなことは言われています。

 

たんぽぽ茶は、妊活中の女性や授乳中のママが飲むお茶というイメージを持っている人は多いようですが、実は、健康や美容にうれしい成分がたくさん入ったお茶なんです。たとえば、たんぽぽ茶に入っているイヌリンという成分は、水溶性食物繊維の一種。胃や腸で水分を吸収するとゲル状になって、悪玉コレステロールや中性脂肪を包み、体外に便として排出するのを助けます。整腸作用が期待できるので、胃腸が元気になります。

 

 

また、たんぽぽには健胃効果があるので、漢方薬として使われています。臓器の熱を鎮め、胃を丈夫にして、食欲不振、胃もたれを改善する効果が期待できるのです。胃腸が弱い方は、カフェインの入ったコーヒーや紅茶を飲むより、たんぽぽ茶を飲む方がいいでしょう。

 

私が実際に飲んでみて、いままでの生活の中で大きく改善したといった効果は感じませんでした。(普通に生活できた、という意味では飲んでてダメとは思いませんが。)

 

 

たんぽぽ茶の成分で肝機能を改善する効果とは?

 

たんぽぽ茶の成分に注目すると以下のように言われています。

 

ノンカフェインで女性特有の悩みケアに効果ありと注目されているたんぽぽ茶ですが、女性だけでなく、性別に関係なく良い作用を期待できるようです。そのうちの一つが「肝機能の改善」です。たんぽぽ茶に含まれているコリンという成分は、血管を拡張する効果、脂肪燃焼効果などがあるとされ、肝臓に脂肪がたまるのを防いでくれます。

 

 

たんぽぽ茶には、タラキサシンという成分も入っています。タラキサシンは苦みの成分。肝臓強壮作用がある成分です。タラキサシンによって肝臓の機能をサポートし強化できます。肝臓は沈黙の臓器といわれるほど、不調があっても症状がでにくい臓器。知らないうちに病気になっていることもあります。飲酒だけでなく、ストレス、食べ過ぎ、睡眠不足などによっても肝臓にダメージを受けてしまうので、肝機能が気になる方にはたんぽぽ茶も良いとされています。

 

 

もともと私は肝機能が弱いわけではないので飲んでみてどうだったかレポートするのは難しいですけど、飲んで悪いものではないので肝機能にいいなら飲み続けてもいいかな、とは思いますね。

 

 

 

たんぽぽ茶の成分で高血圧を予防する(血圧を下げる)効果がある?

 

やはりコリンという成分で以下のように言及されています。

 

 

春の訪れを告げるたんぽぽには、健康や美容に良い作用があると言われています。たんぽぽ茶に期待できる効能、作用の一つが血圧を下げる効果です。たんぽぽには、コリンという成分が含まれています。コリンは水溶性のビタミン様物質です。毛細血管を広げる作用があるので、血流を改善して血圧を下げる働きが期待できます。

 

 

さらにたんぽぽには、タラキサシンという苦み成分が含まれています。タラキサシンには消化を助ける作用、肝臓の働きをよくする作用、そして血流を改善する作用などがあると言われています。血流が良くなることで、高血圧の予防が期待できます。高血圧の方にたんぽぽ茶はおすすめですが、低血圧の方、貧血気味の方は、たんぽぽ茶を飲みすぎないように注意してください。

 

何でもそうですが飲み過ぎ摂りすぎはよくないですね。

 

 

たんぽぽ茶の成分で糖尿病を予防する効果とは?

 

私は糖尿でもないし血糖値が高くもないので確認はしていませんがイヌリンという成分で以下のことが挙げられています。

 

昔から漢方薬として愛用されてきたたんぽぽ。最近では、たんぽぽの根や茎、葉を焙煎して、たんぽぽ茶やコーヒーとしても親しまれています。たんぽぽの持つ効能・作用の一つが糖尿病の予防です。たんぽぽにはイヌリンという成分は含まれています。イヌリンという成分は、胃の中に入ると水分で膨らみゲル状になって胃の粘膜を包みます。

 

 

胃の粘膜が包まれることによって、糖質や脂肪の吸収が遅れます。ですから、血糖値が上昇するのを予防できるのです。糖尿病、妊娠糖尿病の方は、血糖値をコントロールすることが必要です。たんぽぽ茶を食事中や食前に飲めば、血糖値をコントロールの改善が期待できます。血糖値が安定すれば、インスリン投与量が減少できる可能性があります。

 

 


 

こうして見てみると、たんぽぽ茶に言われている効果・効能は一部は感じていますが、それ以外は言うほどでもないのかなと思いました。それに臨床データや証拠(エビデンス)が無い効果がほとんどで、こういった効能を見かけてたんぽぽ茶を飲んでみよう‥というのは私はオススメしたくないですね。

 

それによって適切な対処や治療が手遅れになることのほうを恐れます

 

たんぽぽ茶で国産無農薬を探したい場合

 

いままで私がリサーチしてきたところ、たんぽぽ茶の原産国は3つです。

 

  • たんぽぽ茶の発祥となったとされるポーランド産の天然モノ
  • 中国の吉林省という山奥の天然モノ
  • 日本で栽培されたもの

 

まず、たんぽぽ茶のほとんどが国内で製造・加工されているので、この点は安心して欲しいと思います。(原材料が輸入でも)

 

昨今、輸入ものに関してシビアな方は国産のたんぽぽ茶を探している事でしょう。私も妊娠、出産してから口にするものには気をつけています。

 

国産であれば無条件で安心できる気がする‥それは私も同じです。

 

ところが原産国が日本というタンポポ茶はほとんど見かけません。道端に自生してるぐらいなのに、わざわざ日本でタンポポを栽培している業者が少ないのです。

 

あっても品切れになっていたり‥なので概ね国産ではない商品を手に取ることになると思います。

 

では輸入品はいかがでしょうか。チェックすべきポイントは「残留農薬の検査」だと思います。

 

それから「放射性物質」の検査もされてるとなおヨシです。その意味では国産でも安全とは言い難くなってしまうわけですが。。

 

残留農薬の検査をしっかりとした機関で実施されている、そしてそれをホームページ等で明示している商品であれば安心できるのではないかなと思うのです。

たんぽぽ茶の1日に飲んで良い量

たんぽぽ茶は1日に飲んでよい量、ダメな量は決まっていないようです。私は1日3杯(600ml)ぐらいを飲んでいます

 

ただしたんぽぽ茶の商品の中には「葉酸など添加されている商品」もあります。葉酸といえば妊活中の男女に人気の栄養成分ですが1日の摂取量が決まっています。こちらの商品を飲む際には摂取量を守っていただければよいかなと思います。

 

それからたんぽぽ茶は利尿作用があると言われているので、飲み過ぎには気をつけて下さい。特にアイスで飲む方は冷え性にも注意が必要ですね。

 

私のおすすめの飲み方いくつか


まず普通に作ってみて、その商品の味をあじわってみてください。濃いめなもの、薄めなもの、ハトムギや玄米などブレンドされているもので味が異なります。

 

とくに濃さはご自身が好きな濃さでつくっていくと良いと思います。私は濃い目につくるときは5分くらい弱火で煮出したりします。

 

秋、冬など子育ての忙しい折にはホットで。ひといきできるティータイムは安心感を与えてくれます。

 

冷やしてアイス

私がよく作るのは沸騰したお湯500cc〜1リットルで煮出して、冷蔵庫にいれてアイスティー風で飲むのみかたです。倍量の氷に注いですぐアイスにして飲むこともできますよ。夏の暑い日にオススメ。

 

ミルクを入れて

アイスで飲む際にはだいたいミルクを入れます。普通に牛乳で良いと思います。たんぽぽ茶の焙煎の苦味が気になる場合にはミルクを入れるのをおすすめします。

 

はちみつや砂糖を入れて

ホットで飲む際に砂糖やはちみつを入れてほんのり甘めにしても美味しいです。アイスのときはシロップを入れて。

たんぽぽ茶とは?たんぽぽコーヒーとの違い

 

私も最初はわからなかったこの2つの違いをお伝えしちゃいます!

 

たんぽぽ茶とたんぽぽコーヒー、これはほぼ同じです!原材料にたんぽぽ根を使っているので商品名がどちらか、という違いぐらいしかないのです。

 

実際にたんぽぽコーヒーを作ってみると、濃い目に作ればコーヒーのような味がしますし、薄めに作れば、たんぽぽ茶となります。言ってみれば濃さの違いとも言えます。

 

「たんぽぽコーヒー」と呼ばれる商品のほとんどはたんぽぽ根100%であるのに対し、「たんぽぽ茶」の商品は他の黒豆やハトムギ、大麦、玄米といった成分が配合されているものもあります。

 

なので、たんぽぽコーヒーよりは「たんぽぽ茶」の方が飲みやすいと思いますよ。

 

味としては玄米茶のような、ほうじ茶のほうな、コーヒーのような。独特のハーブティ、それがたんぽぽ茶と考えてほしいですね。

 

もともとヨーロッパでは古くから親しまれていたポーランドが発祥のたんぽぽ茶、是非飲んでみてください。

 

たんぽぽ「コーヒー」だけで、私のおすすめはこちら

 

先程申しましたとおり「たんぽぽ茶」「たんぽぽコーヒー」はどちらも原材料が同じタンポポ根です。メーカーがどちらの名前を使うか、ぐらいの違いです。

 

コーヒーと呼ばれる商品のほうが、深煎りの焙煎のせいか(?)苦味・風味を出している気がします。

 

たんぽぽ茶Mamとしてはコーヒーの名称の商品も含めて、私がよく好んで飲んでるおすすめ品を発表してみようと思います!

 

たんぽぽ堂のたんぽぽコーヒー極上

 

私の実家が喫茶店を営んでいたことがありUCCから豆を仕入れて子供の頃から20年以上親しんできました。

 

独特の風味、苦味、酸味があってとても好きです。豆をぽりぽり食べてたことも(汗

 

そんな私がたんぽぽコーヒーNo1に選んだのは、「たんぽぽ堂」さんのたんぽぽコーヒー極上です!

 

さすがにコーヒー味とは言いませんが、なかなかいい線いってるんじゃないかなぁって思います。

 

ノンカフェイン、農薬検査、放射性物質検査も実施して安心できます。

 

苦味もあるし頻尿になるので(苦笑)、そんなに頻繁にゴクゴク飲むものではありませんけど2日に1杯ぐらいのペースで飲んでます。

 

ミルク、砂糖を入れても美味しいので好きな方はお試しください。

 

がばい農園オーガニックたんぽぽコーヒー

 

 

たんぽぽコーヒーとなると「たんぽぽ根100%」原料なので、あまり味の違いを感じれる舌を持っていません。(´Д⊂グスン

 

こちらのたんぽぽ茶も美味しかったです。たんぽぽ根を焙煎したほんのり上品な甘みもありました。有機JAS認定の無農薬栽培というのがポイントです。

 

がばい農園では徹底的に品質管理に力を入れているのが高評価です。農薬、放射能、生菌、金属の検査を実施。

 

完全手作りと水にもこだわった製法でパックされています。

 

ティーライフ ぽぽたん

 

ティーライフの「ぽぽたん」は730円からお試しができます。1杯61円でコスパよし、送料無料、30日返金OKなので始めやすいです。

 

黒豆ブレンドでコーヒー感が強すぎず、飲みやすいです。たんぽぽ茶よりは苦味を楽しみたい方にはオススメです。

 

 

市販されてるたんぽぽ茶をお探しなら

市販といえばドラッグストア、赤ちゃん本舗、西松屋、トイザらスなどのベビー用品販売店で売られているたんぽぽ茶を探してみました。

 

よく見かけるのは次の3商品ですね。もし最寄りに店舗があれば足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

  1. たんぽぽ茶葉酸プラス
  2. ローズマダムたんぽぽ子育て茶
  3. マドンナ たんぽぽコーヒー

 

この他にもマイナーな(こんな言い方は失礼?)たんぽぽ茶はいくつか市販されているのを見かけました。店舗ですと手にとって見て気に入ったものを購入できるのでメリットですね。

たんぽぽ茶とルイボスティーの違い

ルイボスティーとは

 

ルイボスティーの原料であるルイボスは、南アフリカのみで育つのが特徴です。強力な抗酸化成分であるSOD(活性酸素を除去する酵素)を含み注目されています。SODは老化を防止してくれて身体の若さを維持してくれるので、長寿が期待できるとされていますよ。また、たんぽぽ茶と同じノンカフェインである点も特徴となっています。

 

含まれる栄養素と効能

ルイボスティーの栄養素としてはSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)様酵素や、カルシウムやマグネシウムをはじめ、多くのミネラル分が含まれています。ルイボスティーは紫外線を浴びても肌のダメージを減少させてくれる効果が見込めます。活性酸素を除去するSODと言う栄養素が含まれるので、顔のしわやシミ、白髪なども防止してくれますよ。

 

さらに、妊娠のためのホルモンバランスや老化した生殖器を正常化するといった効果も期待できるのがうれしいですね。そして、血管やリンパ管を作っている『TIE2』を元気にし、新たな血管を作り身体の全体的な老化を減少させます。ミネラル分でカルシウムが含まれますが、骨粗しょう症の予防にもなります。それに、マグネシウムはたんぱく質の合成やエネルギー代謝が見込めます。

 

どんな味?

 

ルイボスティーの味は渋みの抑えられた紅茶の様な感じがして、スッキリとした後味になっています。癖は少ないように思いますが、茶葉もしくは淹れ方次第では癖が出てくる可能性はありますね。そのまま飲むのが苦手な場合は、ミルクや砂糖、はちみつなどを入れると飲みやすくなるでしょう。

 

こんな人におすすめ

 

ルイボスティーがおすすめなのは、妊活中の方や妊婦の方です。カフェインゼロなので、妊婦の方も安心して飲めますよ。私もたんぽぽ茶と同じ時期に飲んでいました。美味しいし。アスパラシンという成分がエストロゲンと同じ作用をするので、女性ホルモンが整えられます。それに、冷え性の改善も期待できる点もポイントになります。

 

たんぽぽ茶とごぼう茶の違い

 

ごぼう茶とは

 

ごぼうを食用としているのは、日本および朝鮮半島のみです。海外においてはハーブの一種として考えられていて、食すよりもハーブ茶を飲むような感覚で用いられています。日本には縄文時代から伝わっていて、平安時代には宮廷料理としてごぼうが振る舞われていたとされています。そのごぼうを煎じたお茶が、ごぼう茶です。

 

含まれる栄養素と効能

ごぼう茶は食物繊維が豊富で、サポニンやイヌリン、カリウムやマグネシウムといった栄養素が含まれています。ごぼうには水溶性と不溶性の食物繊維が好バランスで含まれているので、便秘解消に効果があります。また、サポニンはポリフェノールの一種であり、コレステロールなどの体内の余分なものを体外に排出してくれます。

 

それに、イヌリンは腸まで届き水分を吸収してゲル状となり、腸の中でも便の働きを良くしてくれるのです。ミネラルのカリウムやマグネシウムは、デトックス効果があると言われていますし、ホルモン分泌や骨を作るといった効果が期待できます。ノンカフェインという点ではたんぽぽ茶と同じですね。

 

どんな味?

 

味については、美味しいという声もあれば土臭いと話される方もいます。そして、中には『ごぼうを香ばしくした様な感じで、ごぼうを煮だした汁の味がする』と話す方もいるのです。値段にもより、美味しいものがある一方で、癖のある商品もあると言う点は覚えておきましょう。

 

こんな人におすすめ

 

ごぼう茶は、お腹をスッキリとさせたい方やお通じを良くしたいという方に適しています。とは言え、ホルモンバランスの乱れにより腸の働きが低下している方などは、必要以上に飲んでしまうと症状が悪化する恐れはありますので、注意しましょう。

 

 

 

たんぽぽ茶とよもぎ茶の違い

よもぎ茶とは

 

よもぎ茶は、よもぎの葉を乾燥させて作るお茶です。私もよもぎと聞いてえぐみがあるのではと思ったのですが、5月から7月頃に摘まれたよもぎにはえぐみがないんですよ。それによもぎ茶はたんぽぽ茶のようにノンカフェインであり、妊婦の方や授乳をされている方であっても飲むことができます。夜の寝る前に飲んだとしても安眠の妨げにもならないでしょう。

 

含まれる栄養素と効能

よもぎに含まれるクロロフィルは、小腸の絨毛に付いた有害物質を絡め取り、体外に排出してくれます。また、食物繊維も豊富に含まれているため、腸内環境が整えられて便秘解消の効果が見込めますよ。抗酸化作用に優れたポリフェノール等も含まれているので、血管などの組織や細胞がより活性されて新陳代謝が活発になるでしょう。

 

さらに、シオネールという成分は自律神経を安定させてくれるので、女性ホルモンも安定させられます。その他、よもぎには血液循環を促してくれたり血管拡張作用があり、代謝が改善され冷え性の緩和も期待できます。たんぽぽ茶とはまた違った用途となります。

 

どんな味?

 

よもぎ茶は苦みや渋みといったものがなく、優しさのある味わいですよ。よもぎの香りがほんのりとしますし、焙じた香りがとても良いバランスであり美味しいです。ホットで飲めばより薬効がありますが、暑い季節ならアイスティーにするのも良いでしょう。

 

こんな人におすすめ

 

よもぎ茶は妊活中の方にも適していますし、殺菌作用があるのでアレルギー体質の方にもおすすめですね。それに、肌年齢が気になるという方も飲まれてはいかがでしょうか。

 

 

たんぽぽ茶と麦茶の違い

 

麦茶とは

 

麦茶は大麦を炒って熱湯で煮だした飲み物であり、麦湯とも言われます。熱いまま飲む場合もありますが、通常は冷たくして夏場に飲みますよね。今は麦類を炒った炒り麦や、炒り麦を熱湯で浸出した液体も麦茶と呼びますが、昔は浸出した液体のことは麦湯と言い、炒り麦とは分けられていたんですよ。ノンカフェインで安いのでたんぽぽ茶と同じようにゴクゴク飲んでしまいます。

 

含まれる栄養素と効能

 

麦茶に含まれるアルキルピラジンという成分は血行を良くして、その作用は飲んでから1時間半程度は持続します。また、ギャバは天然のアミノ酸であり、血液をサラサラにしてくれますよ。イライラも抑えてくれますし、ノルアドレナリンが過剰に分泌されるのを抑制して、血液が上昇するのも抑えてくれるでしょう。

 

Pクマル酸は活性酸素を除去して、酸化から細胞を守ってくれるという、抗酸化作用があります。その他にもニトロソアミンが生成されるのを抑えてくれて、ガンの予防も期待できるとされていますよ。

 

どんな味?

 

味に関しては、飲んだことない人のほうが少ないでしょうから。熱湯で煮だすよりも水出しで作る方が抽出に時間はかかりますが、あまり雑味がなくマイルドであり、スッキリとした味わいとなっています。

 

こんな人におすすめ

 

麦茶はスポーツをされている方に適していますよ。スポーツ中にお茶を飲むとすると、カフェインが入っていると利尿作用があり、汗をかいたところに飲むと脱水症状を引き起こしかねません。しかし、麦茶はカフェインレスなので、スポーツをして汗をかいている場合にも、飲めるのです。私も運動をする際には麦茶を愛飲しています。

 

 

 

たんぽぽ茶と十六茶の違い

 

十六茶とは

 

十六茶は、1985年よりシャンソン化粧品が発売しているブレンド茶飲料の総称です。1993年より今のアサヒ飲料と連携し缶入りやペットボトルの飲料として発売されて、全国的にヒットしていますよね。ノンカフェインである点も特徴です。十六茶というのは、東洋思想である『六臓六腑四味覚』という考えが由来となっています。

 

含まれる栄養素と効能

十六茶には栄養素としてナトリウムやカリウム、カルシウム、マグネシウムが含まれています。十六種類の素材から作られていて、便秘解消や疲労回復、高血圧の予防にもなりますよ。ストレスの軽減も見込めますし、滋養強壮にも効くでしょう。その他にも肩こりや不眠症の改善にも効果が期待できるのです。含まれているこんぶは、コレステロール値が上昇するのを抑える効果がありますし、発芽大麦はコレステロール低下が見込めます。

 

たんぽぽ茶が品切れのときは十六茶を買って飲んでいました。

 

どんな味?

 

十六茶の味はと言うと、香りが麦茶のような感じですが、少な目の香りとなっていますね。軽めでさっぱりとした味わいで、まろやかさがあり麦茶に近い印象なのです。麦茶がお好きな方や麦茶の代わりとして飲まれる場合にもうってつけと考えられます。

 

こんな人におすすめ

 

十六茶は、コレステロールを下げる効果がありますし、便秘解消も期待できますので、ダイエットをされている方にも適しています。アレルギー特定原材料等27品目では大豆のみが含まれてはいますが、大豆アレルギーがなければ飲むことが可能ですよ。

 

 

 

たんぽぽ茶と甜茶の違い

 

甜茶とは

 

甜茶(てんちゃ)とは、中国で旧正月や慶事といった縁起のいいときに好んで飲まれている甘みのあるお茶です。なかでも、甜葉懸鉤子(てんようけんこうし)という種類には抗アレルギー効果があるとされていて、昨今では研究が進められています。ヒトにおいての臨床試験も進んでいて、花粉症および喘息の予防、季節の変わり目の健康維持のために役立つ素材であるとして注目されているんですよ。

 

含まれる栄養素と効能

甜茶の葉には甜茶ポリフェノールを筆頭に、甘み成分であるルブソシドやカリウム、カルシウムやマグネシウム、そして鉄などのミネラル分がたっぷりと含まれています。甜茶ポリフェノールは有効成分ですが、アレルギーの原因物質となるヒスタミンの抑制が期待できますよ。花粉症や喘息といった症状の緩和や改善も見込めるでしょう。

 

また、ルプソシドは砂糖の75倍となる甘味成分であり、肥満防止にも繋がります。ベタインという甘味や旨味にも影響するアミノ酸系窒素化合物も含まれていて、肝機能を強化してくれてコレステロール値下げてくれるとされているのです。

 

どんな味?

 

 

薄めた紅茶のような、さっぱりとした味わいが特徴です。甘みがあるのでとても飲みやすいですね。ノンカフェインなので、お子さんでも安心して飲むことができます。

 

こんな人におすすめ

 

たんぽぽ茶と違い、漢方的な効果を期待して飲むことが多いようです。アレルギー症状を予防したい方や肥満になりたくない方、肝臓の健康を維持していきたい方におすすめです。それに、口内の面でも虫歯を防ぎたい方や口臭が気になる方にも適していますよ。

 

 

たんぽぽ茶と杜仲茶の違い

杜仲茶とは

 

杜仲茶は、中国の西南部からベトナムにかけて育つ、杜仲の木に茂る葉を煎じお茶としたものです。古代中国人は、健康を保つための生薬として用いてきました。世界でも珍しい一科一属一種の樹木で、20年から30年で直立した非常に大きな木となり、樹皮に関しては漢方薬の原料となっています。中国では、漢方薬の中でも特に高貴なものと言われています。お茶には杜仲の若葉が使用されていますよ。

 

含まれる栄養素と効能

有効成分のゲニポシド酸は、副交感神経に働きかけて平滑筋を弛緩させて、血流抵抗を低下させてくれます。またそれに加え、高血圧症による眩暈や血栓、腰痛、しびれにも良いとされているのです。ゲブポシド酸は動物実験でも血中脂質及び内臓脂肪の蓄積を抑えたり、インシュリン抵抗性の改善ができたりといった効果が見込めますから、メタボリックシンドローム予防も期待できるでしょう。

 

さらに、ピロレジノール・ジグルコサイドという有効成分は体内にある不要な塩分を排出してくれますよ。心臓や肝臓の負担も減らせますし、むくみが取れて血行障害にも作用するのです。たんぽぽ茶とはまた違った成分、効果となります。

 

どんな味?

 

杜仲茶の味は、プーアル茶に似たような独特な香りや風味がありますが、飲みやすく渋みがありません。苦味があると時間をかけてしまう私ですが、杜仲茶は美味しくさらっと飲めてしまいました。

 

こんな人におすすめ

 

杜仲茶は、血圧が高い方やコレステロールの値を気にされている方、生活習慣病予防がしたいという方、肥満を予防したいという方や手足がむくんでいるなと感じている方などにおすすめです。

 

たんぽぽ茶とローズヒップティーの違い

 

ローズヒップティーとは

 

ローズヒップは『バラの果実』を意味しています。種が取られたバラの実を乾燥させて、お湯を注いだものがローズヒップティーです。チリが原産国として知名度がありますが、日本国内においては北海道でも盛んに栽培が行われていますよ。主にハマナスやイヌバラといった品種の果実がローズヒップティーに用いられます。

 

含まれる栄養素と効能

ローズヒップティーには沢山のビタミンが含まれていて、100グラム当たりのビタミンCの量は、成人が1日に必要とする摂取量の4倍ほど、レモンなら約20倍にもなるんですよ。それだけでなく、ビタミンEやカルシウム、食物繊維、鉄分など栄養素が豊富に含まれているため、美肌や美白、肌荒れ等にも効果が期待できるでしょう。

 

それに、バラの実にお湯を注ぎ飲みますが、単にお茶を飲み終わりではありません。実にこそ、栄養素が多く含有しているのです。実には美白効果が得られるビタミンEが含まれているので、実もしっかりと食べるのが望ましいですね。ローズヒップは鉄分をホウレンソウの2倍含んでいるため、貧血に効きますし、血液をサラサラにしてくれます。

 

どんな味?

 

ローズヒップティーの味は、弱めの甘みや酸味が感じられます。私はおいしく飲めましたが、中にはこの甘酸っぱさのある味が得意ではないという方もいらっしゃいます。この甘酸っぱさは、ブレンドされているハイビスカスの味から来ていると考えられます。

 

たんぽぽ茶とは異なる趣きの飲料ですね。ちょっと酸っぱいので私はちょっと苦手な感じです。

 

こんな人におすすめ

 

貧血にお悩みの方にもうってつけですし、喫煙される方、美白をしたい方などに適しています。また、ティリロサイドという成分により、ダイエット効果があるので、ダイエットしたい方にもおすすめですよ。

 

たんぽぽ茶とカモミールティーの違い

 

カモミールティーとは

 

カモミールと言うハーブはキク科の植物で、ハーブの中でも特に古い歴史を持ち、4000年ほど前より薬草として用いられてきたと記録されているほどです。ハーブティーとして飲まれるのは、主としてジャーマンカモミールという種類の花の部分ですね。ジャーマンカモミールは小さめの1年草であり、花の中心部分が盛り上がっています。

 

含まれる栄養素と効能

カモミールティーには、ビサボロールやアピゲニン、ルテオリン、カマズレンといった成分が含まれていて、炎症の原因物質のロイコトリエンが生成されるのを阻害し抑えてくれますよ。アピゲニンはアレルギー原因物質であるヒスタミンの放出を抑えてくれると見込まれます。また、鎮痙作用(腹部の筋肉の痙攣の緩和)があり胃腸の調子が整えられ、高いリラックス効果があるともされているんですよ。

 

その他にも、ケルセチン、クマリン、カマメロサイドといった成分により、アンチエイジングが期待できる、抗酸化・抗糖化作用があります。たんぽぽ茶にはあまり無い抗酸化なので気に入って飲む人も多いかと。

 

どんな味?

 

カモミールティーの味は、ほんのりとした甘さがあって鼻から抜けるような風味がするのが特徴ですね。飲みやすくて、リンゴに似た香りも感じます。

 

こんな人におすすめ

 

カモミールティーは、寝つきが良くない方に適していて、入眠の手助けとなってくれます。ただ、中途覚醒してしまう方などにはおすすめできません。また、花粉症の方はアレルギー反応を起こしかねませんので、注意が必要ですよ。

 

たんぽぽ茶とどくだみ茶の違い

 

どくだみ茶とは

 

どくだみ茶は、ドクダミ科ドクダミ属のドクダミの葉を煎じたお茶の種類です。『ドクダミ』という野草を煎じていて、『十薬』という生薬名が付けられるほどに健康効果が期待できますよ。ドクダミ特有である香りには、強めの殺菌や抗菌作用が見込めるデカノイルアセトアルデヒドが含まれています。ただ、高い揮発性のある成分であるため、乾燥させたり熱を加えたりするどくだみ茶にはさほど含まれていません。

 

含まれる栄養素と効能

 

どくだみ茶にはクエルシトリンやイソクエルシトリンといった成分が含まれているため、利尿作用や緩下作用が期待できます。体内の余計なナトリウムや水分の排出、穏やかな排便を促進して、便秘の改善もしてくれるので、むくみの解消や予防になりますし、デトックス効果も見込めるでしょう。

 

それに、美肌効果もありニキビや吹き出物といった肌トラブルの予防や、肌のたるみ・くすみも防止できます。クエルシトリンといったポリフェノールを含むので、抗酸化作用によりアンチエイジング効果が望めます。

 

どんな味?

 

どくだみ茶の味は、産地や製法により異なるのが特徴です。美味しいどくだみ茶なら、甘みがある香りがしてさっぱりと飲みやすくなっていますよ。国産の場合は特に、癖がさほどなくマイルドに感じました。たんぽぽ茶に同時に配合して飲むことも出来るので、バランスよく飲めます。

 

こんな人におすすめ

どくだみ茶は、毛細血管を丈夫にさせて血行を促してくれるために、冷え性の方に適しています。さらに、美肌を目指す方やダイエットをされている方にもうってつけですね。

たんぽぽ茶を独自にランキング

 

単純に安さだけで選んだたんぽぽ茶のランキングです。これから始めるにあたって飲みやすいか、続けられそうかお試ししたいので量は少しでいいので安く購入できるものをお探しの方に。

コスパ=1杯あたりの価格が安くお得だなと思ったたんぽぽ茶をランキングで載せています。味や栄養素の良さなどではなく、単純に何杯飲めるか、安くお買い求めできるかで見ています。

 

私が飲んだ人気たんぽぽ茶の一覧

・ローズマダムの「たんぽぽ珈琲」 ・マドンナの「たんぽぽコーヒー」 ・ローズマダムの「たんぽぽ子育茶」 ・小川生薬の「タンポポ茶(コーヒー風味)」 ・小川生薬の「国産たんぽぽブレンド茶」 ・ティーライフの「ノンカフェインたんぽぽ茶ブレンド」 ・ティーライフの「有機ルイボスたんぽぽ茶」 ・ティーライフの「どくだみたんぽぽ茶」 ・ティーライフの「たんぽぽコーヒーぽぽたん」 ・AMOMAの「たんぽぽコーヒー(たんぽぽ茶)」 ・たんぽぽ堂の「たんぽぽコーヒー極上」 ・森のこかげ健やかハウスの「たんぽぽコーヒー」 ・森のこかげ健やかハウスの「黒豆入りタンポポコーヒー」 ・がばい農園の「オーガニックたんぽぽコーヒー」 ・ケンコーコムの「OSK タンポポ茶」 ・たまちゃんショップの「タンポポコーヒー」 ・ユニマットリケンの「たんぽぽ茶葉酸プラス」 ・ユニマットリケンの「たんぽぽコーヒー葉酸プラス」・健滋の国産たんぽぽ茶・たんぽぽ茶ショウキT-1・森下薬農園たんぽぽ茶・アートライフたんぽぽ茶・ゼンヤクノーたんぽぽ子育茶・ぐるり茶房オリジナルたんぽぽ茶・AMOMAミルクアップブレンド

飲んだたんぽぽ茶の一覧